個性を活かした卒業論文に期待!3年生全員参加のプログラム

自由ケ丘は進路実現のために、3年間を見据えた進路実現プログラムをつくっています。全教職員で全校生徒を指導します。これを「リバティキャリアプラン」(LCP)と呼んでいます。

 

今日は、LCPの取り組みを少しだけお伝えします。まずは3年生のプログラムです。

4月のある日、職員室に3年生が来ていました。

3年生のプログラムは「テーマ別課題研究」、いわゆる卒業論文です。

担当の先生と、どのようなテーマで、どのような卒業論文を書くかを打ち合わせていました。

テーマが決まれば、土曜日の総合学習の時間に論文の作成がスタート!

実際に原稿用紙に論文を書いていた、3年アドバンスクラスにおじゃましました。

「テーマ別課題研究」では、各自の論文のテーマは自由です。

自分の将来に関係するネタを選んだり、部活動での活躍のきっかけを探したりする生徒もいます。

必要であれば、新聞や雑誌、インターネットの記事などを準備します。

この生徒も、新聞を手元に準備して、論文の作成に入っています。

3年生全員分のテーマ別課題研究が出そろった段階で、優秀作品を選出し、終業式で表彰します。この写真は昨年度の優秀作品の表彰式の様子です。

 

昨年度の入賞作品のタイトル

『改変される童話 ~私たちが子どもにすべきこと~』

『遊郭文化について』

『きりみちゃんのすべて』

『アイドルに貢いでしまうファンの実態』

 

どうですか?タイトルを見るだけで面白そうでしょう?今年度もユニークな視点による生徒たちの力作が完成間近です。入賞作品はHP上で公開します。(昨年度分を現在公開中です。)ぜひお楽しみに。