2年生の交通安全教室~自転車利用のマナーについて~

5月9日(火)、2年生を対象にドライビングスクール折尾より、講師の吉部 善治さんをお迎えして「自転車利用のマナーについて」という演題で『交通安全教室』を開講しました。

「自転車で事故なんて、まさか…」と思っている本校生徒に対して、交通ルールを守ることや日頃の自転車点検を行う大切さをスライドショーやビデオで分かりやすく教えていただきました。

この時期は、歩行者や自転車などが絡む交通事故が多いそうです。本校は駅から徒歩10分程度と交通の便は良い方ですが、車の通行量も多いので、事故を未然に防ぐことが大切です。

実際の新聞記事には、生徒と同じ年代の自転車利用者が、登下校中に事故を起こした内容が書かれていました。

他人事だと思っている彼らが、いつ加害者や被害者になるのか分からないという危険性も教えていただき、驚いていました。

蔣野 あかりさん(方城中出身)が、講演してくださった吉部さんに感謝の気持ちを込め、お礼の挨拶をしました。

「自分のことに必死で周りが見えなくなる時があるので、日常から周りを見て行動していきたい。事故は、被害者の方だけではなく、保護者にも迷惑をかけてしまうので気を付けたい。」

と話していました。

 

 

「事故なんて他人事」だと思っていた生徒に、大変貴重な講演をしていただきありがとうございました。本日の交通安全教室を機に、登下校中に限らず、日頃から交通マナーを意識して生活してもらいたいです。