■「平成30年度生徒募集要項」はこちら ※中高一貫校に在学中の方や、県外にお住まいの方などで、願書が必要な方につきましては、資料請求ページ よりお申し込みいただくか、本校に直接お越しください。

中学生の皆さんの『知りたい!』

01
入試はいつありますか?

自由ケ丘では、入試スタイルがいくつかあります。

《推薦入試》

受験日は1月23日(火)です。
平成30年3月中学校卒業見込みで、出身中学校長の推薦を受けており、合格した場合、入学の意志が確実である中学生が対象となります。さらに、受験希望のコース・クラスによって、《推薦入試》は以下の2パターンに分かれます。
《一般推薦入試》特進Ⅰ類・Ⅱ類・アドバンス入学希望者
《特別推薦入試》スーパー特進入学希望者

《一般入試》

受験日は1月30日(火)です。
平成30年3月中学校卒業見込みの中学生、および既に中学校を卒業したひとが対象となります。

02
出願に必要な条件は何かありますか?

《一般推薦入試》出願には、評定基準および欠席日数の条件を設けてあります。
・特進Ⅰ類…34以上
・特進Ⅱ類…27以上
・アドバンス…23以上
※どのコース・クラスも3年間で原則欠席30日以内
3年2学期の評定合計です。ただし、2学期制の中学校については前期の評定合計です。

《特別推薦入試》出願には、欠席日数の条件のみ設けてあります。
・スーパー特進…3年間で原則欠席30日以内

《一般入試》出願は、条件はありません。皆さんチャレンジすることができます。

03
中学校の先生方にお願いすることはありますか?

出願時には、中学校の先生方に調査書をつくっていただく必要があります。皆さんが作成する願書(受験料を振り込んだ証明書も必要です)と、先生方がつくってくださった調査書とを合わせて出願します。

04
入試に向けて、今すべきことはありますか?

受験では、3年間で勉強した内容が全て出題されます。中学生の皆さんには、3年分の教科書の内容をもう一度見直してもらいたいと思っています。中学3年生の内容もたくさん出題されますが、1年生の時に学んだ内容も出題されます。特に社会や理科などは、幅広く復習してもらいたいですね。

05
内申点(通知表)の点数が低いのですが、不利になりますか?

当日のテストの成績だけではなく、調査書や内申点も踏まえて合否判定をします。だから「絶対不利にならない」と断言はできません。でも、高校入学後、ものすごく頑張ってくれる生徒もたくさんいます。調査書等では皆さんの「やる気」を見ています。ぜひ前向きにチャレンジしてください。

先生方の『知りたい!』

01
自由ケ丘、合格するでしょうか?

本校をせっかく受験してもらった生徒さんに不合格通知を送るのは、本当に申し訳なく思います。しかし、自由ケ丘は、受験者の増減に合わせてボーダーを変更しているわけではありません。各コース・クラスの平均偏差値が毎年ほぼ一定になるように、慎重に合否判定をしています。ですから、合格ラインを超えれば、それが何人だったとしても全員合格です。

02
昨年度の入試との変更点はありますか?

公立高校の試験時間が延長されたことに伴い、本校でも解答時間を50分に延ばしています。ただし難易度は昨年度までと変えません。また、英語はこれまで同様リスニングを実施しません。

03
推薦入試の試験科目は何ですか?

《一般推薦入試》《特別推薦入試》とで試験科目が異なります。

《一般推薦入試》は、作文試験(600字・50分)と集団面接です。
作文試験については、本校に入学したいという意思を確認するためのものです。特別に難しい題材を出題することはありません。

《特別推薦入試》は、筆記試験(国数英・各50分・各60点)と個別面接です。筆記試験については、本校の一般入試と難易度は変わりませんので、一般入試の問 題を使って練習していただくのがいいと思います。

04
調査書はどのような書式ですか?

福岡県私学協会のホームページから「入試情報」→「高校」と進んでいただくと、入学者用調査書(統一様式)をダウンロードすることができます。こちらをお使いください。

05
事前指導で気をつけるべきことはありますか?

出願は推薦・一般ともに1月9日(火)~12日(金)です。
なお、受験料の振込を完了させた状態で出願していただきます。保護者の方には受験料の振込を銀行窓口で行ってもらってください。
※ATMでの受験料の振込は出来ません。

入試当日に持ってきていただきたいものについては、おおむね以下の通りです。
受験票・筆記用具・上靴と靴袋・腕時計・昼食(当日は食堂は使用できません)、必要な人はハンカチやティッシュなど

願書を本校で受理したあと、受験票は後日、中学校宛てに郵送させていただきます。その際に、「受験生の皆さんへ」という確認事項の文書を同封させていただきますので、受験生の皆さんにその文書をお渡しください。

保護者の方の『知りたい!』

01
受験料の支払いはどうすればいいですか?

願書と一緒に、各中学校宛てに「受験料振込用紙」を送ります。振込先銀行は①西日本シティ銀行、②福岡銀行です。ご都合のよい振込先をお選びください。受験料は12,000円です。(別途所定の振込手数料がかかります。)
なお、受験料は必ず銀行窓口でお振り込みください。
また、「ご依頼人」の欄は受験者の氏名(=お子様のお名前)をご記入ください。
ご不明な点は本校までご連絡ください。 (093)693-3090

02
部活動の特待制度はありますか?

本校では「スポーツ特待生制度」があります。ただし、平成30年度は以下の部に限ります。
硬式野球・陸上競技・駅伝・バドミントン・剣道(男)・体操競技

また、中学時に顕著な活躍をしており、入学後も3年間その部で活動を続けることが条件となります。

「スポーツ特待生制度」は、実績に応じて、A特待とB特待があります。

A特待…入学金・施設設備費・毎月の授業料+維持費を全額給付
B特待…入学金・施設設備費・毎月の授業料+維持費を半額給付

なお、「スポーツ特待生」に該当する生徒さんには、本校の各部顧問から中学校に直接連絡をさせていただきます。

03
合格後にしなければならないことはどのようなことですか?

期間内に全ての納入金が振り込まれない場合は、入学が認められません。生徒募集要項を熟読のうえ、間違いのないように手続きをお願いします。 また、全ての納入金は、理由を問わず一切返金致しません。

《推薦入試》合格者

合格発表(1月25日)から1月30日までの間に、入学金(9万円)・施設設備費(12万円)および後援会入会金(2万5千円)銀行窓口にてお振込みください。
※学力SA・AおよびスポーツA特待生は、入学金と施設設備費の納入は不要です。後援会入会金のみお振込みください。
スポーツB特待生は、入学金と施設設備費の半額と後援会入会金をお振込みください。

《一般入試》合格者

①合格発表(2月5日)から2月14日(水)までの間に、入学金の一部として、内金2万円銀行窓口にてお振込みください。
※一般入試合格者の学力SAおよびA特待生は、内金の納入は不要です。
(特待生としての特別な手続きがあります。合格者書類をよくお読みください。)
学力B特待生は、上記期間内に内金(2万円)の納入が必要です。

②本校へ入学を決めた場合につきましては、合格発表(2月5日)から3月16日(金)までの間に、入学金の残り(7万円)・施設設備費(12万円)および後援会入会金(2万5千円)銀行窓口にてお振込みください。
※学力SAおよびA特待生は、入学金の残りと施設設備費の納入は不要です。上記期間内に後援会入会金のみお振込みください。
学力B特待生は、上記期間内に入学金の残り(2万5千円)・施設設備費の半額・後援会入会金をお振込みください。

04
入学後、成績が低ければ、別のコース・クラスに変更させられたりしますか?

本校では、成績優秀な生徒が「ステップアップ」することはありますが、強制的に「ステップダウン」させることは原則ありません。様々な方法で生徒たちの勉強に 対するモチベーションを高めるように指導します。勉強を一生懸命頑張れるような体制をつくっています。

05
先輩たちの進路実績はどのような感じですか?

どのコース・クラスからでも国公立大学を目指せるように日々取り組んでいます。事実、昨年度は全コースから国公立大学の合格者を輩出しました。私立大学につい ては、毎年多くの大学から指定校枠をいただいています。学校の信頼の証ともいえる指定校制度も活用し、多くの生徒の「大学進学への夢」を叶えています。HPでも進路実績ページを設けていますし、パンフレットもぜひご覧ください。 ■「進路実績ページ」はこちら ■「資料請求ページ」はこちら