教育改革の風~授業研究~

自由ケ丘では、定期的に先生たちに見てもらう授業(研究授業)を行っています。

先生たちのスキルアップのために、ベテランから若手まで様々な先生に授業を実施してもらっています。

国語では本文を黒板に投影したり、問題にいっしょに解答を考えたりしました。

数学ではグループを組んで、これまでの内容を復習したり解説を映像で見たりしました。

同じ教科の先生たちが後ろで授業を見ています。

地理の授業では、生徒たちが資料を黒板に投影し、説明をしていました。

来年度入学生から一人一台タブレットPCを持つことになるので、こんな授業も増えるかもしれません。

様々な授業を見ることで、「よりよいものを」と常に研鑽を積むことができます。

これまでの授業を超えるものを目指し、自由ケ丘は常に時代に合わせてアップデートしています。それが自由ケ丘に吹く「改革の風」です。