実習おつかれさまでした

先週まで、本校卒業生が教育実習に戻ってきていました。3週間の実習を行っていたのは全員体育科、それも全員が本校陸上競技部で活躍した3人でした。

卒業生の成長した姿を見られるのは、私たちにとってとてもうれしいことです。

川島滉平実習生(泉中、法政大在学中)は保健の授業を担当しました。薬物使用は絶対ダメ、という強いメッセージを後輩たちに伝えてくれました。

鎌田夏季実習生(高須中、九州共立大在学中)はバドミントンの授業をしました。バドミントン部監督の成富先生に様々なことを教えてもらい、実習中は生徒にきちんと指示が出せました。

船木陸実習生(洞北中、九州共立大在学中)はバスケットボールで実習を行いました。準備体操からプレー中の注意まで、生徒に細かく指示を出し、上手に対応していました。

 

先生の大変さが分かった、と言っていた3人でしたが、最後はステキな笑顔で帰っていきました。立派な先生になれるように、これからも精進してください。