県高校駅伝 選手の粘り強い走りが見られました

11月5日(日)福岡県高等学校駅伝競走大会が行われ、男子32校、女子28校が嘉麻市総合運動公園陸上競技場周辺コースを走り抜けました。

開会式は4日(土)に行われました。

天候も良く、最高の駅伝日和です。

女子は、10時30分にスタートしました。1区は3年生の大内もかさん(篠崎中)です。

積極的な走りで先頭集団について行きました。7位で襷を渡し、2区枇杷華愛さん(河東中)、3区野田麻帆さん(浅川中)の一年生コンビが前とのタイム差を詰めて行きました。

4区は3年生の池田愛理さん(大谷中)が走りました。最後まで力強い走りが出来ました。

5区は3年生山本輝さん(八児中)が走りました。粘り強い走りで、一時は4位まで順位を上げましたがわずかな差で7位となりました。女子駅伝部、今年度は7位入賞です。

男子は午後13時にスタートしました。一区は徳永裕樹くん(宮若東中)です。2年生でエースの徳永くんは先頭集団でレースを運び、4位で襷を渡しました。

2区は3年生松原築くん(日の里中)です。ここまで、キャプテンとしてチームを引っ張って来ました。3区の森田和希(早鞆中)へと襷を運びます。森田くんは、他校の留学生には及ばないものの区間2位の走りで前のチームを追いかけました。

4位で襷を受け取った野上大貴くん(木屋瀬中)は4区で力走を見せます。前にいた2校を抜き、区間2位のタイムでチームの順位も2位に浮上しました。

5区以降は1年生3人が襷を繋ぎます。5区を任された緒方春斗くん(守恒中)も区間2位のタイムでトップとのタイム差を縮めます。

6区は松並昂勢くん(木屋瀬中)です。トップのチームとのタイム差をぐんぐんと縮めて行きました。1年生ながら、この区間で区間賞を獲得しました。

アンカーの尾方馨斗くん(花尾中)も区間2位の力走でトップとのタイム差を縮めましたが逆転することが出来ず、総合2位でゴールしました。

全国高校駅伝を目指して努力を重ねた生徒達の目からは涙が流れていました。しかし、今回のメンバーは1,2年生が中心でした。来年以降の全国高校駅伝出場に向けて、きっと頑張ってくれると思います。また、11月18日に沖縄で行われる九州高校駅伝でしっかりと結果を残してくれると思います。

 

応援に来ていただいたOB,OG,保護者の皆様、本当にありがとうございました。