「国際車椅子バスケ」ハーフタイムショーに出演

11月10日(金)から12 日(日)まで、『第14回 北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会』が、北九州市立総合体育館で開催されました。

本校チアリーディング部 LIBERTYS 15名は、11月10日(金)の第1試合目【日本 対 韓国】のハーフタイムショーに出演させていただきました。

前日の9日(木)の放課後行われたリハーサルの様子です。普段練習している場所とは全く異なる会場の広さに、位置取りをするのに苦戦していました。

10日(金)、本番前の外での練習風景です。早朝のため、体が思うように動かず不安の声があがっていましたが、ストレッチをした後に体を温め、本番に向け準備していました。

待ち時間には、試合を観覧させていただきましたが、生徒たちは選手の迫力のあるプレーに驚いていました。

演技中は、終始観客の皆様に声援をいただき、無事に全ての演技ができました。車椅子バスケットボールの選手の方々が少しでも、生徒たちの演技で励みなれば幸いです。

生徒たちは、「普段練習している環境とは異なる、広い体育館での演技に気持ちが高まりました。いろいろな年代の方に観てもらい、貴重な体験ができました。この経験を活かし、12月に行われる九州大会に向けて頑張っていこうと思います。」

と話していました。

大会関係者の皆様、ありがとうございました。『LIBERTYS』は、12月10日(日)に大分県中津市で開催される九州大会に出場します。応援よろしくお願いします。