話す力を試しました

12月2日(土)、1・2年生がある英語の検定試験を受験しました。

その検定試験は、「GTEC」(ジーテック)と言います。

「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能をスコアで測定できる英語検定試験です。

GTECのホームページには、「中高生受検規模No.1」と記載がありました。

大学入試の要件として使えるところも増えています。

今回は「話す」も測定してみました。

生徒一人ひとりがタブレットを持ち、ヘッドセットで各自の解答を録音しました。

4コマの絵を見ながら、その状況を説明したり、

あるテーマに合わせて1分で自分の意見を英語で述べたりしました。

来年度の入学生から、自由ケ丘は生徒全員がタブレットを活用する学校になります。

きっと教室の中はこんな感じになるんだと思います。

将来、仕事で英語を話さなければいけない状況が生まれるかもしれません。

そのための基礎を、生徒のためにきちんとつくってあげたいと思っています。