私立大学でもサクラサク!県内の私大に多数合格

今日から自由ケ丘は課外期間に入りました。日頃の授業がみんなの基本的な学力をつける期間だとすれば、課外期間はプラスアルファの応用力を鍛える期間です。日頃とは違う担当者が設定されている課外授業もあります。ぜひ短い期間ですが、有効に活用しましょう。

 

さて今日は、3年生の合格発表についての続報です。

九州女子大学に合格した山本輝さん(特進Ⅱ類入学・写真左・八児中)と山本彩乃さん(特進Ⅰ類入学・写真右・幸袋中)です。二人とも保育士志望で、保育士体験を多くできる環境を求めて九州女子大学を選んだとのことです。

九州共立大学に合格した成合海斗君(アドバンス入学・写真左・本城中)と浦山敦史君(アドバンス入学・写真右・沖田中)です。二人とも面接の練習を入念に行ったようです。本番さながらの練習を何度も繰り返したことで合格に至ったとのことでした。

福岡大学に合格した生徒のうち、3人に来てもらいました。写真左から、小野村美遥さん(特進Ⅰ類入学・則松中)、服部太一君(特進Ⅱ類入学・浅川中)、北村真己さん(特進Ⅱ類入学・浅川中)です。

九州最大級の学生数と校舎を誇る福岡大学。3人とも自由ケ丘を卒業する寂しさを感じながらも、大学生活への期待も大きいようです。

西南学院大学に合格した松永朗君(アドバンス入学・写真左・木屋瀬中)と釘宮陸君(アドバンス入学・写真右・洞北中)です。

硬式野球部に所属していた二人。お世話になった西尾先生と硬い握手を交わしています。

松永君と釘宮君は今年の体育祭のブロック長を務めていました。部活動や体育祭で経験したことを、入試でも活かせたようです。二人とも、大学でも野球部に所属し文武両道にがんばっていきたいと意気込んでいました。

 

一足早く春が訪れた16期生たちのようすでした。

 

センター試験を今か今かと待っている16期生・浪人生の皆さん。

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。やがて大きな花が咲く」

あせることはない。じっくりと勝負の日に向けて力をつけてやりましょう。春はもうすぐそこです。