30回目の総合優勝【陸上・駅伝】

文武両道の自由ケ丘。勉強はもちろんのこと、部活動でも頑張っていて、今年は県大会に100名出場を目指しています。

週末の試合では、【陸上競技部】【駅伝部】が県大会出場を決めました。

5月11日(金)から13日(日)にかけて、鞘ヶ谷陸上競技場でインターハイ北部予選が開催されました。

梶谷 正弥君(3年・高須中)は110mハードルと400mハードルの2種目で優勝!

やり投で優勝を果たしたのは、井浦 聖之君(3年・石峯中)でした。

橋本 玲菜さん(水巻中)は1年生ながら800mと1500mの2種目で県大会出場を決めました。

陸上競技部のキャプテン、清水 春花さん(3年・木屋瀬中)は、100m・100mハードル・400mリレー・1600mリレーに出場し、全ての種目で県大会出場決定!

女子駅伝部キャプテンの髙本 夏帆さん(3年・曽根中)は、5000m競歩に出場しました。暑さの中、正しい歩型を維持し、県大会出場を決めました。

男子駅伝部の緒方 春斗君(2年・守恒中)は、2日間の激走が実り、800mと1500mで県大会出場決定!

 

この他にも、上位入賞は多数!全てをご紹介できず、すみません。

総合の部では、男子は優勝、女子は第2位となりました。

男子の総合優勝はこれで30回目!記念すべき年になりました。

 

陸上競技部・駅伝部合わせて【県大会36名出場】を決めました。県大会でも頑張ってください。