朱雀祭をプレイバック!

先週8日(金)・9日(土)の2日間、多くのお客様をお迎えして盛大に開催された自由ケ丘の文化祭「朱雀祭」。これまでにない多彩なアイディアや生徒の団結力が光る2日間となりました。

 

今日はそんな盛り上がり冷めやらぬ朱雀祭の様子をプレイバック!

朱雀祭の「前夜祭」として、7日(木)には本校在校生とその保護者の方を対象として教養講座が開催されました。

今年度の講師はアルピニストの 野口 健 さんでした。

なぜ山に登ろうと思ったのかや、山に登るときに経験した「死」についてなど、生徒たちにとっては日頃考えたことがないような話題もあり、非常に実りある講演でした。

続いて8日(金)に始まった朱雀祭。学年ごとに様々な取り組みを行いました。

1年生はステージパフォーマンスです。

劇をするクラス、ダンスをするクラスなど、内容は様々。

練習の成果を十分に発揮できたようでした。

2年生は展示です。今年は多種多様な作品が出来上がりました。

こちらは来場者をお迎えする昇降口に飾られたステンドグラスです。

催し物を企画したクラスは、呼び込みにも力を入れました。

2日間、多くのお客様で盛り上がっていました。

3年生は食品バザーです。提供するメニューは各クラスで決めました。

タコス・焼鳥・餃子・焼きそば・ハットグ・ヤンニョムチキン・豚丼・クリスピーパイ…

今年のメニューの多彩さにはびっくり!

生徒たちも自発的に活動してくれました。

モノを売ることの大変さと同時に、喜びを感じてくれたのではないでしょうか。

今年の朱雀祭も超満員!3000名を超すお客様が来校してくださいました。

一時は食品バザーのフロアが大行列で通行しづらい状態に。ご不便をおかけしました。

 

朱雀祭では、自由ケ丘の仲の良さがよく表れていました。

生徒同士の仲の良さだけではなく、

先生と生徒との仲の良さも。

この雰囲気は、自由ケ丘の自慢の雰囲気です。

生徒の皆さん、2日間お疲れ様でした。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。