身近な問題を考えました

先週の雨により、延期となっていた2年生の総合学習リバティキャリアプラン(LCP)。急きょ本日(12日)、その特別講演を行いました。

2年生は身のまわりの問題について考えています。今回講演していただいたのは、フードバンク北九州の原田 昌樹代表です。

フードバンクの取り組みは、英語の教科書にも載っています。

余っている食料を、必要としているところに提供する世界的な取り組みです。

授業でも取り組んだ内容です。また、食育の観点から、生徒もぜひ考えてもらいたいと思い、講演していただきました。

終わったら教室でグループワークです。

学んだこと、分かったことをみんなで共有しました。

 

夏休み中には、実際にフードバンクの活動を見学に行くフィールドワークも待っています。

Think globally. Act locally.  世界のことを知り、諸問題について考え、そして身近なところで行動するようにしましょう。