スイスに行っていた先輩から話を聞きました

7月5日(木)、1年生のスーパー特進・特進Ⅰ類のクラスが北九州市立大学ひびきのキャンパスへ大学見学に行きました。

昨年もおじゃました北九州市立大学。生徒たちにとっては身近な大学のひとつです。

大学見学のツアー中の様子です。大学生活の要となる「掲示板」や、研究のための専門の部屋を見学させていただきました。

自由ケ丘の卒業生で、現在北九州市立大学大学院1年生の藤田瑠音先輩(熊西中)が登場。藤田先輩から大学生活の話などを聞かせてもらいました。

藤田先輩はこの日の2日前まで、学会に出席するためにスイスを訪れていたそうです。

高校時代はソフトボール部に所属しており、見事に文武両道を果たした先輩です。このような先輩方をお手本にして、これからの学校生活を送っていきたいという感想も多く見られました。1年生は高校に入学してまだ四ヶ月ですが、この見学をきっかけに、大学進学に対する意識が高まったようです。