更に効果的な使い方のために

学年全員がタブレットを使った学習活動を始めて4カ月が過ぎました。

生徒たちにとって、さらに効果の高いものにするため、8月3日(金)に1学年教科担当者による研修会を行いました。

ICT・LCP推進部長である川本先生の呼びかけで始まったこの研修会。

他学年の先生方も多数参加しました。

先生方はタブレットを持ち寄り、日頃の授業でどのような工夫をしているかディスカッションを行いました。

うまくいったことやうまくいかなかったことをそれぞれ話しあうことで、今後の授業につなげます。

先日、大阪でタブレットを活用している学校が集まって授業法について検討しました。

その研修会に参加した宮城先生(数学)が、そこで学んだことを全体に伝えてくれました。

 

1学期は、自由ケ丘にとってはタブレット利用という大きな変革の時でした。

幸い、生徒たちも楽しくタブレットを活用してくれていますが、今後はさらに学習効果を高められるよう、私たちもレベルアップしていきます。