じっくり聞いたり話したり

10月17日(水)・22日(火)の二日間、大学生のボランティアスタッフを中心として活動する福岡カタリバの皆さんにお越しいただいて、「カタリ場」という授業を行っていただきました。

コースごとに体育館に集まり、いくつかのグループに分かれて大学生と語り合います。

大学生の先輩の話をじっくりと聞く時間もありました。

先輩の経験談が今の自分の悩みと重なり、涙している生徒もいました。

四隅で先輩の話を聞いている間に、残りの生徒はグループの先輩と個別に悩みを打ち明け相談していました。家族や先生には話せないような悩み事も、年齢の近い大学生には本音で話ができたようです。授業の最後には、なりたい自分になるために、それぞれ自分自身への約束を決めました。

 

参加した生徒に話を聞くと「先輩の話が凄く身に染みました」「普段は誰にも話せないような悩みを聞いてもらったりして、とてもスッキリしました」などの感想が聞こえてきました。

福岡カタリバの皆さん、本当にありがとうございました。