100色プロジェクトー51 金子諒さん

自由ケ丘を彩る個性豊かな生徒を紹介する「個性100色プロジェクト」もいよいよ後半戦。

「1色目」は前生徒会長の三島 由梨奈さん(石峯中)でした。そこで後半最初の「51色目」は新生徒会長の金子 諒さん(折尾中)にお願いしました。

(取材班) 生徒会長になろうと思ったきっかけは何ですか?

(金子さん) これまで1年間、生徒会執行部として、先輩たちと一緒に生徒会活動に取り組んできました。生徒会長って、生徒会役員をまとめ、人前で話が出来て、いろんな指示を出せる人というイメージがあります。どこまでできるかは分かりませんが、みんなと一緒に行事などをつくっていけたらいいな、と思ったのがきっかけです。

(取材班) 新生徒会役員の初仕事はいつありますか?

(金子さん) 実はもう終わりました(笑) 10月13日(土)のオープンスクールで、生徒会ブースの運営を任されていたんです。この時はハロウィンパーティーをやりました。来ていただいた方には大変好評でしたよ。11月10日(土)のオープンスクールは、一足早いクリスマスパーティーを行います。お楽しみに。

(取材班) これを見ている中学生へ一言!

(金子さん) 当時を振り返ると、勉強はしていたものの、「友達とは遊んでいなかったな…」と思う気持ちもあります。勉強も大事だと思います。ただ、詰め込んでやっても、実は頭に入っていなかったという時間もあった気がします。「この2時間集中!その後は遊ぶ」といったメリハリをつけてもいいと思います。充実した生活を送ってくださいね。

 

(取材班) 第18期生徒会役員の活動は始まったばかり。執行委員皆さんで素晴らしい学校をつくっていってください。期待しています。