会話能力も測定しました

12月1日(土)に、本校1・2年生が英語検定試験GTECを受験しました。

GTECとは、「読む・聞く・書く・話す」の4つの英語運用能力を測定する検定です。

現実に出会ったり起こりうる場面・状況で、実際にコミュニケーションをとれるかどうかを測定します。

GTECの最大の特徴は、英会話能力を測定できることです。

一人ひとりのタブレットから問題が流れてくるので、マイクを使って回答を録音します。

今後の入試は、こんな感じの試験が増えていくのでしょうね。

英語はトレーニングが大切です。

実際に話さないといけない場面を想定したGTECは、生徒の英語学習にとってひとつの目標になります。

GTECは大学入試の出願にも活用できる検定です。

スコアを見て、また「使える英語」をマスターできるように練習していきましょう。