100色プロジェクトー80太田羽奏さん

自由ケ丘を彩る個性豊かな生徒を紹介する、「個性100色プロジェクト」。その中では、県大会出場者を数多く取材してきました。今年度自由ケ丘は県大会出場100名越えを目指していましたが、結果がまとまりました。

 

県大会出場者は総合計527名!

さらに九州大会・全国大会も含めると総合計554名!

実にたくさんの生徒が部活動と勉強を両立して頑張ってくれました!自由ケ丘部活動生の皆さん、お疲れ様でした。

80色目の今日は、そんな県大会出場者のうちの1人。2年生の太田羽奏さん(木屋瀬中)を取材しました。

太田さんは、軽音楽同好会に所属しています。このたび、各学校から1チームのみ出場できる福岡県高校軽音楽コンテストに出場し、特別賞を受賞しました。

 

(取材班)大会当日は、緊張しましたか?

(太田さん)めっちゃしました!電子ピアノを使って一人で弾き語りをしたんですが、音が出なくなるトラブルなんかもあって、本当にドキドキしました。

(取材班)これまでの音楽の経験は?

(太田さん)ピアノを弾き始めたのは3歳の頃でした。両親ともに音楽が好きな一家だったので、自然と弾くようになって。弾き語りは高校に入学後、軽音楽部に入ってから始めました。

軽音楽同好会顧問の川本先生と一緒に撮影しました。

 

(取材班)今後の目標は?

(太田さん)私は歌も好きですが、音楽も好きですし、絵も好きです。だから、大学では芸術全般を学ぶために芸術工学部を目指しています。その知識を活かして、様々なメディアで裏方として活躍したいと思っています。

 

(取材班)歌が好きで、ピアノが好きで、その経験を活かして県大会に出場した太田さん。華々しい賞をいただけてよかったですね!今後の活躍を期待しています。