一人ひとりの努力の成果!【陸上・駅伝】

5月10日(金)~12日(日)にかけて、本城陸上競技場で、陸上競技のインターハイ北部支部予選が開催されました。この大会で、本校は男子の部で総合優勝を達成しました。

陸上競技部キャプテンの3年生 荒牧 伸哉君(写真左・宮若西中)は8種競技に出場しました。2日間かけて8つの種目で争うこの競技において、見事優勝!

同じく大濱 徹哉君(写真右・水巻中)も第2位入賞となりました。

明神 隼斗君(2年・木屋瀬中)は、走幅跳で優勝!三段跳でも第4位に入りました。

3年生の緒方 春斗君(写真中央・守恒中)は、800mと1500mで2冠!

2年生の山本 歩夢君(写真右・新津中)も両種目で第3位に入賞しました。

田近 咲さん(3年・福間東中)は走高跳で見事優勝!

田近さんは昨年も走高跳で優勝したため、2年連続チャンピオンとなりました。

2年連続優勝と言えば、3年生の安達 萌恵さん(熊西中)も、昨年度に引き続き砲丸投で2年連続優勝!加えて今回の大会では円盤投でも見事優勝しました!

3年で駅伝部キャプテンの塚田 翔伍君(真ん中の選手・福間東中)は5000mに出場し、好記録で優勝しました。

この種目では、2年生の西垣 収悟君(写真左・曽根中)が第2位、3年生の尾方 馨斗君(写真右・花尾中)が第3位と、表彰台を自由ケ丘で独占しました。

津田 真実さん(3年・中間中)は、やり投に出場し、この種目のチャンピオンとなりました。津田さんは中学校時代は陸上競技部ではなかったので、本校入学後の短い期間で、優勝できるまで成長してくれました。

三好 凜君(3年・守恒中)は5000m競歩に出場しました。昨年度高校ランキング55位相当の好記録で優勝し、この大会の最優秀選手の一人に選ばれました。

先週末は世界リレーも盛り上がりましたが、本校の男子4×100mリレーチームも大健闘!

写真左から 芝原聡汰君(3年・永犬丸中)・宮原陽大君(2年・岡垣東中)・寺崎維人君(3年・花尾中)・片多永遠君(3年・柳西中)の4人で優勝を勝ち取りました。

なお宮原君は400mでも優勝をしており、2冠となりました。

主に優勝者を輩出した種目をご紹介しました。

陸上競技部員・駅伝部員の一人ひとりが努力した結果がうまく発揮された大会となったようです。

次は24日(金)~26日(日)にかけて、博多の森陸上競技場で県大会が開催されます。引き続きご声援のほど、よろしくお願いします。