タブレットを使ってスピーチしました

自由ケ丘では、生徒が一人一台のタブレットを持ち、授業で活用しています。

生徒たちは、これまでの高校生活とは一味違う授業スタイルで日々勉強しています。

1年生のある日の英語の授業を覗いてみました。

このクラスでは、英語のスピーチが行われていました。

自分の好きなことや嫌いなこと、みんなに伝えたいことをプレゼン資料として作成。

黒板に投影しながら英語のスピーチを行いました。

その様子は、ALTのデイヴィス先生が審査しました。

聴衆をしっかり見て話が出来ているか。

資料は印象深いものか。

そして相手に届く声量で話が出来ているか。

上手なスピーチをするためには、様々な観点があります。

使える英語を学んでもらいたい。

そんな思いのもと、自由ケ丘は今後とも様々な取り組みを行っていきます。