SDGsの取り組み

SDGsの取り組み(2年生LCP)第3弾

 

2年生は、1学期からSDGs(持続可能な開発目標)についてグループ学習を行ってきました

夏期休暇中も施設見学や講演会などを行いましたので、その様子をレポートしていきます

 

まずは、食品ロスチーム。 「フードバンク スタディツアー」

 

生徒もよく知っているCostcoにて、仕事内容など説明をしていただきました


次にフードバンク北九州(子ども食堂)へ行きました

ここでは昼食を摂りながら、日頃の活動などの説明を聞きました

 

帰りにスタッフの方と記念撮影📷

帰校後は、北九州市立大学の学生と共同学習をしました

グループ発表の様子

施設見学や説明を聞いて、改めて【食の大切さ】を実感でき、自分たちの目で見て、体験することにより、具体的に理解したようです。次のプレゼン大会に向けての情報収集はバッチリできました。

 

続いてジェンダーチームです

西日本新聞社 甲木 正子 様より、メディアやSNSにおけるジェンダー問題について説明していただきました

 

 

 

グループワークをしながら講義を聞き、日本での女性の社会進出の難しさなど、日常に潜むジェンダー問題について考えることが出来ました

日本には、解決していくべきジェンダー問題がまだたくさんあるようです

今後も日常の中にある様々な問題に関心を持ち、自分で考えていくことが必要になるでしょう

 

 

最後のグループ環境チームは、数日に分けて取り組みを行いました

2030SDGs体験学習会

環境問題を経済・自治体・市民等様々な角度から理解するために2030SDGs体験

このようなカードを使ってのカードゲームです

説明を聞いた後、ゲーム開始

初めは戸惑っていた生徒たちでしたが、自分だけではなくみんなが達成できるにはどうすればいいのか?など協力して進めることが出来ました

2030SDGs認定ファシリテーターの先生から振り返りを行って頂きました

SDGsは、経済・環境・社会から見ることが大切で、どれかに偏りが大きいと他に影響が出るかもしれないので、みんな同じような生活が出来るようになるには…と考えるきっかけとなるカードゲームでした

 

 

エコタウンセンター視察

センター内での説明の様子

外で説明を聞きながら、生徒が見ているものの先には何が見えるのでしょうか??

答えは…

写真では見えにくいですが、沖合にある風車(右中央奥)でした。

今後はこのように沖合にも風車を建設予定だそうです

北九州市 環境局 下薗 勇気 様より北九州市の環境・SDGsについて説明がありました

私たちが身近にできる対策、それは【食べ残しをなくすこと】・【スーパーなどに買い物へ行くときはマイバックを使うこと】など当たり前のようで、できていないこともあるのではないでしょうか

最後に『なぜ環境問題に取り組むのか』

今も将来も幸せあふれるまちを創り、未来の世代に引き継ぐために、

私たちは、過去から学び、そして現在だけでなく未来のために行動する

 

SDGs探求学習をする中でご協力頂いた講師の皆様 施設関係者の皆様 貴重なお時間を頂きありがとうございました。この取り組みの集大成は、8月29日にそれぞれのチームに分かれてプレゼンテーション大会をする予定です。