北九大に御協力いただきました

11月16日(土)、自由ケ丘オリジナルの総合学習「リバティキャリアプラン」(LCP)の一環で、20期生(1年生)が北九州市立大学を訪問しました。

今回は文系の北方キャンパスにおじゃましました。

20期生は7月にも理系のひびきのキャンパスを訪問しています。

北方キャンパスの施設を少し見学させていただき、その後は説明会会場へ。

そこは20期生446名が入ってもまだ余裕がある、こんな大きなホールでした!

大学の広報担当の方から、北九大の説明があり、その後はミニ講義をしていただきました。

そして見学ツアー後半の目玉である、文学部の学生さんとの交流会です。

大学生活はどんなものか?アルバイトなどはしているのか?高校時代の悩みは?など、次から次に飛び出す高校生の質問に、親身に答えてくださいました。

大学生活の集大成である「卒業論文」。文学部の皆さんが取り組んでいる卒業論文の中間発表会を最後に行っていただきました。

学生の皆さんの、個性豊かな視点に驚かされることがいっぱいでした。

ところで、ひびきのキャンパスに行ったとき、本校の先輩にお会いしました。

ここ北方キャンパスでも、先輩のお話を聞くことが出来ました!

北九大には、自由ケ丘の先輩たちがたくさんいて、活躍されているのが実感できました。

 

北九州市立大学(理系・文系)の皆様に協力していただき、1年生の大学見学ツアーは大好評のうちに終了しました。この経験をもとに、1年生には文理選択をしてもらいます。北九州市立大学の皆様、御協力いただき、誠にありがとうございました。