グループで調べて発表しました

自由ケ丘では、第1・3・5土曜日はオリジナルの進路指導プログラム「リバティキャリアプラン」(LCP)を行っています。

2月1日(土)に行われた1年生のLCPを見に行きました。

この日はクラス内をいくつかのグループに分けて、調べ学習をしていました。

テーマは「SDGs」です。国連が定めた、地球規模で解決しなければならない諸問題について、みんなで考えました。

「水質汚染」「地球温暖化」「ごみ問題」など、いろんなことを一気に解決するのは難しいですが、少なくともみんなで考えることは出来ます。

その際に、一人一台タブレットを持っていることが大きな力になります。

4月に新入生を迎えた段階で、自由ケ丘は全校生徒がタブレットを持ち、活用する学校になります!

最後に、話し合ったことをクラスでプレゼンしました。

タブレットに入っているKeynoteをフル活用!

今回は、「グループで調べる」「時間内に資料を作成する」「人前で発表する」といった、5教科の授業とは少し違うスタイルを生徒に求めました。短い時間でしたが、かなりしっかりとしたプレゼン資料を作ったグループが多くて、見ていてビックリ!生徒たちの楽しそうな表情が印象的でした。