合格者インタビュー3日目

合格者インタビュー3日目です。今日は宗像地区出身の3年生です。

合格者には次の3つのことをインタビューしました。

 

(1) 3年間で大変だったこと

(2) 3年間頑張ったこと

(3) 後輩へのメッセージ

 

【1人目】
山本 翔期君(城山中出身・特進Ⅰ類クラス入学) 九州工業大学(工学部)合格

(1) 朝課外もあり、朝早く起きるのが大変でした。ギリギリの電車に乗っていたら遅延が出た場合に授業に間に合わなくなってしまうので、時間に余裕を持って起きるようにしていました。また、中学時代に比べて休む時間がぐっと減ったのも慣れるまでは大変でした。

(2) 毎日遅刻せずに通学したことです。また、高校に入って授業内容も高度になりましたが、授業時間内にきちんと理解できるように頑張りました。

(3) 毎日遅刻しないように頑張りましょう。また、しっかりと授業に参加して、なるべく疑問点を残さないようにしましょう。一度しかない高校生活に悔いを残さないように、いろいろなことに取り組みましょう。

 

【2人目】
枇杷 華愛さん(河東中出身・アドバンスコース入学) 九州女子大学(家政学部)合格

(1) 部活と勉強を両立させることです。部活と勉強のオン・オフを切り替えるのが大変でした。私は駅伝部だったので、体力的に自分を追い込むことも多かったので、日中の授業に集中するのはとても大変でした。

(2) 3年間部活動に打ち込み、県大会出場を目標に頑張りました。制限時間を決めて、タイム内に走る練習が肉体的にも精神的にも大変でした。また、帰宅後も家の近所を走って自主練に励みました。その結果、地区予選を勝ち抜き県大会に進むことができました。

(3) 部活も勉強も目標を持って努力すれば必ず実現できます。3年間を大切にして頑張って下さい。

 

今日は以上2名です。明日は直方・鞍手地区の合格者を掲載します。