校時について

  • 朝のホームルームは何時からですか?授業の終了は何時ですか?
  • 朝のホームルームは8時40分からです。時間に余裕をもって登校してください。授業が終わるのは、アドバンスコースは3時40分、特進コースは4時40分です。

進路指導(就職・専門学校)の対応について

  • どのような進路に進んでいますか?
  • 多くの生徒が進学を目指して取り組んでいます。令和元年度卒業生の進学先は、国公立大に16%、私立大に64%、専門学校に15%などとなっています。また、これまでどのコース・クラスからも国公立大の合格者を輩出しています。
  • 就職希望者には対応していないのでしょうか?
  • 就職希望者については、求人票をいただける企業の新規開拓をはじめ、筆記試験・面接などの対応にいたるまで一人ひとりに丁寧に対応しています。令和元年度卒業生は、計22名の就職内定をいただきました。また公務員希望者にも校内で講座を設定するなど、独自の取り組みを行っており、令和元年度卒業生では遠賀郡消防本部の合格者も輩出しました。

入試制度と出願について

  • 入学試験にはどのようなものがありますか?
  • 自由ケ丘の入学試験は、大きく分けて2つあります。出身中学校長の推薦を受けて出願し、合格したら必ず入学していただく「推薦入学試験」と、他校との併願が可能な「一般入学試験」です。そして推薦入学試験には、受験希望のコース・クラスによって、「一般推薦入学試験」(特進Ⅰ類・特進Ⅱ類・アドバンス対象)と、「特別推薦入学試験(学力特待生試験)」(スーパー特進・特進Ⅰ類対象)の2つがあります。
  • 一般入学試験の志望コース・クラスについて、どのように出願(志望)できますか。
  • 一般入学試験に出願する際、第1志望から第4志望まで志望することができます。 志望順位にかかわらず、合格ボーダーラインは変わりません。したがって、志望順位による有利・不利はありません。

特待生制度について

  • 「学力SA特待生」の制度について教えてください。
  • 一般入学試験や特別推薦入学試験(学力特待生試験)で合格した生徒のうち、成績優秀者に対し、入学金・施設設備費・授業料相当額を全額給付され、さらに入学助成奨学金(制服・カバン・教科書代等の補助)として20万円を給付する制度です。
  • 「ウルトラC特待生」とはどのような制度ですか?
  • 「自由ケ丘で学びたい」という生徒・保護者の気持ちを応援するため、推薦入学試験で合格した生徒は全員「入学金(9万円)+施設設備費(12万)を給付」とします。これは一般推薦入学試験(特進I類・特進II類・ アドバンス対象)と特別推薦入学試験(スーパー特進・特進I類対象)のどちらの合格者にも自動的に適用されます。
  • 入学後に「特待生」になることはできますか。
  • はい、できます。本校には『内部昇格特待生制度』があり、1年間の本人の努力を勘案して成績優秀者を特待生として採用しています。入学時に特待生ではなかった生徒が「学力B特待生」に、また入学時「B特待」であった生徒が「学力A特待生」になることもあります。

就学支援金について

  • 公立高校の授業料無償化に伴う、
    私立学校への就学支援金のシステムについて教えてください。
  • 基本的に月額9,900円ですが、家庭の経済状況によりさらに支援や補助が受けられます。詳しくは、本校事務室までお問い合わせ下さい。なお、就学支援金等の内容については、法令の改正により変更になることがあります。