「自由ケ丘高校を選んでよかった」
といわれる学校づくりに
邁進しています。
自由ケ丘高校 校長辻村 克江

 本日は、自由ケ丘高等学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

 本校は、学是「自律処行」、校訓「規律・勤労・礼儀」の精神のもと、「人間開発」と「学力開発」のために信頼と愛情を基盤にした次のような教育活動を実践しています。

  • 1 すべての生徒の夢と志の実現、出口の保証に全力を尽くす
  • 2 生徒を主体として学校行事を運営させることで、自立心とコミュニケーション能力・問題解決能力を培う
  • 3 2020年の新しい入試制度を勝ち抜くための施策を強化する

 教職員間の共通理解により教育活動全般が整い、目標達成に向けて順調に歩を進めており、「自由ケ丘高校を選んでよかった」といわれる学校づくりに日々邁進しています。

進学面では「志の実現」のために必要な総合力の向上に努めた結果、特筆すべきこととして昨年の長崎大学の医学科に続いて今年は熊本大学の医学科・薬学部、九州歯科大学などの医歯薬系や東京芸術大学、東京音楽大学に進学するなど多様性を尊重した進路実現を果たしています。
部活動においても活躍めざましく、現時点でバドミントン(男子団体・単・複)、体操競技、陸上、駅伝が全国大会に駒を進めています。野球その他の部活動の今後の活躍もご期待ください。
このように本校は真の意味での「文武両道」を実践しており、「部活動に参加できないクラス」を作ったり、「部活動だけに一生懸命で勉強をないがしろにする生徒」を育てたりする教育は行ってはいません。

また文部科学省が進めている高大接続改革、ICT化、多面的評価、英語4技能等への取組を着実に進めています。
 学校は教育目標を達成するための組織体です。本校では、全教職員が教育に情熱を燃やし続け、主体的かつ創造性豊かに教育に励み、生徒と共に成長しながら「地域に信頼される魅力的な学校づくり」の実現を目指しています。

 どうか皆様、いろいろなサムネイルをクリックしていただき、生徒の輝き、学校の良さをご覧ください。また、百聞は一見に如かず。より深く御理解いただくためにぜひ自由ケ丘高校の見学にお越しください。